専用サーバーにするメリット

企業が専用サーバーにするメリットはたくさんあります。

ですが、中でも一番大きいのは503エラーというエラーのことです。

どんなものかというと、ソーシャルメディアやスマートフォン、ツイッターやその他のウェブサイトから突然爆発的に多くのアクセス数が集まったとします。

その際に安いレンタルサーバーを使うと起きてしまうのが503エラーです。

用は人がいっぺんにアクセスしすぎてサーバーが処理しきれなくなりパンクするという現象ですね。

この現象が起きてしまったら最後、すぐに処理速度などを上げることはできないため、結果的にせっかくの多くのアクセス数をもったいないですが、受け取ることができなくなってしまいます。

それではどうしたらいいのでしょうか。

《参考サイト》Linux – Webサーバーのアクティブセッション数を確認するコマンド例 – Qiita

実は安いサーバーはそれなりにスペックも低く、何かあった際の柔軟性にも乏しいため、あまりいい助けにはなりません。

ということは、やはりある程度高めの共有サーバーか、もしくわ専用サーバーに乗り換えた方がいいということになります。

むかしと違い、今はどこででもウェブサイトにアクセスすることが可能なため、いつどこで爆発的ヒットが出るか分かりません。

そんな時に、普段から安いサーバーでいると、何かあったときに必要な集客ができなくなってしまいます。

逆に普段からある程度お金を払っていると、継続的にあなたのウェブサイトには誰でもアクセスすることができ、無駄を省くことができます。

最終的にどれだけ集客できるかにこの専用サーバーと共有サーバーの選び方がかかってきます。