専用サーバーの選び方

IT関連の商品はどの商品を見ても種類が多く絞り込むのに偉い苦労します。

簡単なもので行くと、パソコンで考えて見ましょう。

今ではWindows 8もありますし、Windows7もあります。

Windows XPは、すでにサポートは終了しているのに、偉い長い間気に入られていますよね。

《関連記事》ASCII.jp:そのPCは大丈夫?Windows XPを使い続けてはいけない10の理由

パソコンのOS一つ見てもコンだけあるのに、この中から、さらにCPUやRAM、HDDやらビデオカードなど山ほど選択するものがあります。

そこで、今度は専用サーバーなどサーバー関連で見てみましょう、。

それはもうたくさんのメーカーから種類がたくさん出てきています。

そこで本日は何を基準に選んだらいいかをご紹介させていただきます。

まず、重要なのが用途です。

あなたのビジネスにあった用途のサーバーを手に入れるのが重要です。

小さいウェブサイトでもいいのに、専用サーバーを手に入れても仕方がありませんし、大きいサーバーが必要なのに、共有サーバーを使っても意味がありません。

次にサポート体制ですが、大きいサーバーほどアクセス数も多いため、サポート体制が充実している方がいいです。

何かあったときにすぐに対処してくれるのが重要でしょう。

最後にコストや費用についてですが、自分の売り上げや総合的な面を考えつつ、許容範囲内のサーバーを手に入れるのがベストでしょう。

ある程度顧客が集まり、継続的に人が入って、更なる拡大が必要になってからでも、拡大したりいいものを使うのは遅くはありません。