誰が専用サーバーを必要とする?

大きな空間が使える専用サーバーですが、実際誰が利用するのでしょうか。

考えても見てください。

通常の共有のサーバーでもウェブサイトは作れるうえ、人も呼び込めます。

ある程度ルールさえ守れば、あとは何してもOKです。

それでいて専用サイトより安いなら、そっちを選ぶに越したことはないではないですか。

なのに何故専用サーバーが必要なのでしょうか。

それは、考えてみれば簡単なのです。

皆さん、YahooやFacebookといったウェブサイトを聞いたことはありますか?大きな会社で大きなアクセス数。

となると、どうなるかというと、共有サーバーでは、回線を他の街の人と共有するため、大人数で同じ回線につなぎます。

そうすると、アクセス数が多ければ多いほど、ウェブサイトを開くスピードが遅くなってしまいます。

そのため、そのウェブサイトにアクセスしている消費者からしたら、のろいサイトには行きたくないですよね。

ウェブサイトを作っている人は、アクセス数を増やしたいのに、遅いウェブサイトでは人は着ません。

結果、専用サーバーを使うことで、自分のウェブサイトにアクセスしてきた人専用の回線ができます。

ということは、人々はみなさくさくアクセスすることができます。

このウェブサイトを閲覧している人意外はこの回線をつかっていないのですがから、早いのは当然ですよね。

このように、専用サーバーにはスピードといったメリットが大きくあり、アクセス数の多いウェブサイトは専用のサーバーを利用しています。