ウェブサイトに利用

皆さんはウェブサイトはどうやってできていると思いますか?ウェブサイトには、「www.」のあとに何かの名前が入り、そのあと「.com」や、「.co.jp」などの閉じが入りますよね。

このウェブサイトのアドレスのことをURLと呼びますが、これらは全て住所だと思ってください。

そしてこの住所に行くと、家があります。

その家のことをウェブサイトと通常は呼び、そのウェブサイトがなにでできているかというと、サーバーから作られています。

ウェブサイトを作る場合、通常その住所をレンタルし、その住所でできる範囲のことができます。

この住所を借りることをレンタルサーバーと予備、文字通りサーバーを借りるわけです。

この借りたサーバーで色々やります。

ですが、レンタルサーバーというのは、大きな空間にいくつも同じようなウェブサイトがあり、みんながその空間を利用します。

現実世界で例えると、東京都があり、その一部分である新宿をあなたが借り、他の人が澁谷や池袋といった別の町を借りるようなものです。

これが共有のレンタルサーバーといいますが、それとはまったく別のものがあります。

それが専用サーバーです。

これがまた、文字通りあなた専用でサーバーをレンタルできるわけです。

東京都を丸ごと一個レンタルするようなものです。

そうすると何ができるかというと、東京都のルールから何から全てあなたが決められます。

このように、専用サーバーの方が利点はいっぱいあり、とてもいいのです。